手間がかからなくて済む!3dプリンター導入するなら比較をしよう

レディ

記事一覧

ペーパーレスの時代

複合機

ペーパーレス化が進む昨今ですが、それでも紙媒体での提出が必要な場面があり、特に証明書類の提出時にコピー機を必要とする場合があります。そのような場合にコピー機の選定について、印刷も行える複合機を選択した方が用途が広がり便利です。

詳しくはこちら

オフィスに欠かせません

操作する女性

多くのオフィスで利用されているのが、様々な機能を兼ね備えたコピー機です。それらのコピー機をリースで利用している企業も多くなっています。イニシャルコストがかかりませんし、メンテナンスもしっかりと行ってくれるのが大きな魅力です。

詳しくはこちら

業務用機器の性能と特性

3次元プリンタ

造形物を形成する仕組み

3dプリンターは平面ではなく、立体的な造形物をつくりだす事が出来る特殊な機械です。3dプリンターは一般的な家庭用の機器も普及しています。しかし、より繊細な造形物を製作する上では性能の高い業務用の機器を選択する必要があります。その為、3dプリンターの性能を比較する作業が重要になるのです。3dプリンターには立体物を製造する際の仕組みに違いが見られます。これはレーザーや紫外線など特殊な光線が用いられるものが多数存在し、複雑な形状を構築する事も可能です。その為、多くの企業で3dプリンターの性能面が比較されています。この精巧な造形物をつくりだす際の重要なポイントが3dプリンターの仕組みとなるため、複数の機器の違いを比較してみる事が求められます。

製品化の円滑化

3dプリンターの用途は多岐にわたり、性能面と用途が比較され活用されています。企業で3dプリンターが活用される事例としては試作品の製作があり、各パーツの結合部や製品化したときのトラブル発見の為に用いられています。これは企業の製品の円滑化と時間の短縮に繋がるために非常に重要な役割を担う機器となっているのです。また、中小企業の中は3dプリンターでアイデアを素早く製品化する事も可能です。これは競争率の激しい市場でいち早くプロダクトをリリースする為に重要なポイントです。その為、この製品リリースまでの時間の短縮にこの機器が活用されています。従来は製品化するまでには長い期間を要する事が一般的でしたが、性能の高い業務用プリンターの普及に伴い商品化が容易になりました。

電話のコストを下げる

電話する男性

事業を行っていく上で欠かせないのが電話の存在です。しかし、電話も複数導入する場合にはコストが高くなります。このコストを下げることができるのがIP電話の存在です。IP電話はインターネット回線を用いて行うのでコストを大幅にカットすることができます。

詳しくはこちら